中古ドメインがSEO対策に有効!上手に活用して上位を狙おう!

- SEO対策にオールドドメインを使ってみよう

SEO対策にオールドドメインを使ってみよう

まずオールドドメインとは「以前は誰かに運用されていたが、今は使われていない中古のドメイン」のことを言います。
サイトを作りSEOについて考えた時にこの中古ドメインを検討する方も多いかも知れませんね。
ではこの中古のドメインを使う事によって私たちサイト管理者はどのようなメリットを得る事が出来るのでしょうか。

中古のドメインは時間短縮にぴったり

中古のドメインを使用するメリットはずばり「時間短縮」です。
新規のドメインならある程度の年数をかけてドメインオーソリティを上げていく必要があります。
つまり育成するのに時間と手間がかかるんですね。
なぜなら検索エンジンは出来立てのサイトを認識しません。
普通は半年くらいしないと検索結果にかからないと言われています。
しかし中古のドメインなら前の管理者によって育成されているのでこの認識されるまでの時間をスキップすることが出来るのです。
またバックリンクつまり被リンクされているという点も非常にポイントが高いです。
検索エンジンは様々な基準でサイトを評価していきます。
その中でもどれだけそのサイトは他のサイトからリンクをされているかという事を重要視している言われています。
中古のドメインならすでにバックリンクがある為に初期の段階から検索エンジンより高い評価を得やすいといえます。
まとめると新規ドメインなら時間をかけてまずは検索エンジンに認識されることを目指します。
その間にせっせとバックリンクをつけページランクをあげて検索上位になるような努力をこつこつ続けていく必要があるのです。
しかし中古のドメインを使う事によってこの手間と時間を大きく短縮する事が出来るので、サイトのスタートダッシュを簡単にさせることが可能となるのです。

でも中古のドメインにはデメリットも

ここまで話を聞くとぜひ中古のドメインを手に入れたくなりますよね。
でも実は中古のドメインならではのデメリットも確かに存在します。
それは過去にペナルティやスパム認定を受けているドメインも中古市場に多く存在しているという事です。
どういう事かというと、中古のドメインを使う時に私たちはバックリンクや使われてきた時間など「正」の面を引き継ぐと同時に、「負」の面も一緒に引き継いでしまうのです。
ですからもしあなたが購入した中古のドメインが先ほど言った負の遺産を持っているとそれが直接に運営しているサイトに影響する事になります。
そしてもしその負の遺産を使ってしまった場合にあなたのサイトは検索エンジンから除外されてしまいます。
あなたのサイト自体に何も問題がなくてもです。
中古のドメインには素晴らしいメリットと厄介なデメリットが存在しています。
しかしきちんとしたドメインを中古ドメイン販売屋で選ぶことさえできればSEO対策で大きなパワーを発揮してくれます。

更新情報